MonoMax付録レビュー SHIPSリュックサック

スポンサーリンク

MonoMax2019年7月号の付録『SHIPSリュックサック』を購入・使用してみたのでレビューします。

monomax_201907_ships (2)

1.『SHIPSリュックサック』とは

今月の特別付録は使いやすさにこだわったSHIPSのリュックサック。特に注目してほしいポイントは前面の整理がしやすい収納です。写真のようにスマホやメモ、ペンなど、細かなモノを収納できるポケットを備えているので、リュックの中がごちゃごちゃ……なんてことを防いでくれます。メッシュポケットは何を入れているのか一目瞭然。持ち物をサッと取り出すことができます。

(monomax2019年7月号121頁より一部抜粋)

2.梱包状態

monomax_201907_ships (1)

いつものモノマックスの付録の箱に入っています。

3.第一印象

monomax_201907_ships (3)

箱から出したところです。

二つ折りで収納されていたため、中央に折りたたみ跡が見えます。しかしながら生地がしっかりしているので、しばらくすれば跡も消えるかと思います。

ただビニールのような臭いがしっかりとついているので、結構気になります。

4.サイズ感

monomax_201907_ships (4)

縦は約40cm

monomax_201907_ships (5)

横は約30cm

イメージよりも小さく感じました。デイパックのサイズ感ですね。

5.各部の質感

monomax_201907_ships (10)

ショルダーストラップは肉厚でペラペラの一枚布ではありません。

monomax_201907_ships (9)

収納は2か所ともダブルファスナー仕様で使い勝手が良いです。

monomax_201907_ships (8)

SHIPSのロゴあまり主張せず落ち着いた雰囲気。

縫製もしっかりしており、ほつれなどもありませんでした。

6.収納力

monomax_201907_ships (7)

前面の収納に色々と入れてみた図。右上から順に以下のものが入っています。

  1. BOSE ワイヤレスイヤホン
  2. サンワサプライ 折りたたみBluetoothマウス
  3. ANKER モバイルバッテリー
  4. iphone XR
  5. Surface ACアダプター
  6. 手帳

メッシュポケットは中が見えて良いのと、仕切りがないので入れるものの自由度が高いですね。

下部の3つのポケットは意外と深さがあるのでiphoneXRもスッポリと隠れます。

(撮影のためにあえて頭が出るようにしました。)

16461

https://monomax.jp/archives/56063/

スポンサーリンク

メイン収納には13.3インチのノートパソコンがすっぽりと収まるサイズです。

しかしながらワイシャツはケースに入れると四隅がはみ出るので若干折り曲げる必要がありました。

ワイシャツが何枚か入る大きめのケースは収まらないかと思います。

monomax_201907_ships (12)

一泊出張をイメージして写真のものを収納してみました。

メイン収納、前面収納にはこれだけのものを入れてもメイン収納にはまだ若干余裕がありました。

先ほどの前面収納のものに加えて以下のものが入ってあります。

  1. 13.3インチノートPC
  2. Surface Pro6(ケース)
  3. ワイシャツケース

monomax_201907_ships (11)

ちなみに、これだけ収納すると厚みが約12cmになりました。

6.総評

デザイン性:★★★☆☆

クオリティ:★★★★☆

実 用 性:★★★★☆

お 得 感:★★★★★

おすすめ度:★★★★☆

【デザイン性】

良くも悪くもシンプルです。特に主張もしないので使いやすいですが、特別デザインが良いわけでもありません。

【クオリティ】

肉厚なショルダーストラップ、ダブルファスナーなどクオリティは高いです。しかし臭いが気になるので★-1。

【実用性】

公式HPでもワイシャツを収納した画像が出ていたので、もう少し大きいのかと思っていましたが、実際はかなりコンパクトです。

私の場合一泊出張には上記のもの+髭剃りや歯ブラシなどを収納したポーチを持っていくので、このサイズでは若干心もとないです。

一泊出張というよりはガジェット類をもって日帰りで出かけるくらいの用途にマッチするサイズかと思います。

デイパックの用途で考えれば仕切りも多いので実用性は高いですね。

【お得感】

生地の質感・実用性からお得感は非常に高いです。

一見すると980円の雑誌についてきた付録とは思えないでしょう。

スポンサーリンク