【レビュー】Tonor 薄型Bluetoothマウス

スポンサーリンク

先日、型落ちのSurface pro4購入の記事を書きました。

https://blog.nobitaka.com/2018/01/07/%e4%bb%8a%e3%81%a0%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%93%e3%81%9dsurface-pro4%e3%81%a8%e3%81%84%e3%81%86%e9%81%b8%e6%8a%9e%e8%82%a2/

今回はSurfaceとセットで使用するために購入した激安Bluetoothマウスに関するレビューを書きたいと思います。

1.基本情報

商品名:Tonor ワイヤレス マウス Bluetooth 3.0 光学式 無線(2.4GHz) 省電力設計 超薄型 800/1200/1600dpi ブラック

価 格:1,359円(タイムセール価格)

メーカ:Tonor

重 量:74g

サイズ:11.5cm × 6cm × 2.2cm

型 番:TN12000460BL-1

生産国:中国

仕 様:Bluetooth3.0

2.梱包状態

mouse1 (1)

ロゴの入ったシンプルの紙の箱で届きました。

格安商品にありがちな透明なジップロック的なビニール梱包ではないことに好感が持てます。

3.付属品

mouse1 (8)

①本体

②micro USBケーブル

③マニュアル(小)

④マニュアル(大)

⑤ワランティカード

マニュアルは2冊とも英語表記のみですが、充電用のmicroUSBケーブルが付属するのは嬉しいです。

4.サイズ・重量

mouse1 (5)

(ロジクールM570との比較)

デジタルスケールとメジャーで計測したところ、重さは74g、薄さは2.2cmでした。

実際に持ってみた感じも相当軽くて薄いです。

特に一般的なマウスと比較するとその薄さが目に付くと思います。

mouse1 (9)

mouse1 (10)

(マッチ箱との比較)

通常のマウスに比べて大変薄いため、始めは違和感があります。

手のひらとマウス本体の間に空間ができるため、必然的にマウスを持つというより摘まむ形になります。

ノートパソコン用の小型マウスをよく使う方は問題ないかと思いますが、

普段から大型のマウスを使っている方は使いづらいかもしれません。

ただ、薄くて軽い分、持ち運びには非常に適しています。

PCバッグの外ポケットに入れてもあまり膨らまずコンパクトに持ち運ぶことができます。

5.静穏性・Bluetooth

静穏性が高く、Bluetooth接続も良好なので、意外としっかりした造りをしているなという印象を受けました。

Bluetooth接続は裏面にある小さなボタンを長押しでペアリングモードに入るので、あとはPC側で接続します。

スポンサーリンク

一度ペアリングすれば、電源をオンにしておけば自動的に接続されます。

自動ペアリングも全く問題なく、電源をオンにすればほぼラグもなく接続されます。

ただ、電源のオンオフボタンは”カチッ”とならず”グニュッ”と動くので、長く使っていると壊れてしまいそうで不安です。

mouse1 (4)

6.充電

このマウスはmicroUSBケーブルが付属していることがからも分かるように充電式です。

microUSBケーブルを本体の先端に接続することで充電されます。

microUSBケーブルをPCに接続すれば、充電しながら使用することもできるので電池切れの心配もありません。

7.DPI切り替えボタン

DPIを800/1200/1600と3段階で切り替えるボタンがついており、これが地味に便利です。

DPIはマウスの感度のことで、これを高くすればマウスを少し動かすだけで大きくカーソルが動くようになります。

FPSなどのゲーミングマウス等でよく見る機能ですね。

使う人の好みで設定することはもちろんですが、個人的にはボタン一つでDPIを気軽に切り替えることができるのがメリットだと思います。

ネットサーフィンは感度高めですいすい動かす。画像編集は感度を下げてじっくり操作する。

などなどこのボタンを押せば即座に利用シーンに合わせて切り替えることができます。

総評

デザイン性:★★☆☆☆

クオリティ:★★★★☆

実 用 性:★★★★☆

お 得 感:★★★★★

おすすめ度:★★★★☆

【デザイン性】

パッと見のフォルムは100均のマウスのように見えます。

また、ボディに大きく書かれた”TONOR”のロゴがダサいです・・・。

【クオリティ】

クリック感、静穏性、Bluetooth接続感度などクオリティは上々です。

また手触りもプラスチックのツルツルした感じではないので安っぽさがありません。

ただ、毎回利用する大切な電源ボタンの造りの悪さがどうしても気になってしまいます。

【実用性】

薄さ・軽さ・接続の速さ・DPI切り替えボタンなど実用的な機能が揃っています。

携帯性とのトレードオフになってしまいますが、薄さ故の持ちにくさが気になります。

【お得感】

これは間違いなく★★★★★です。

1,500円以下でこの機能、クオリティは非常にお買い得です。

本品はSurfaceとセットで使う外出用の格安マウスとしては最適かと思います。

デザインのダサさは気になりますが、携帯性、価格に対するクオリティなど

非常に満足のゆく出来です。

お金のある方はMicrosoft純正のArc Touch Mouse(折り畳み式の携帯マウス)が良いかと思いますが、

マウスに8,000円も出せないという方にはぜひこちらの商品をおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする