MonoMax付録レビュー BEAMSトートバッグ~創刊150号記念付録~

スポンサーリンク

MonoMax2020年6月号の付録『BEAMSトートバッグ』を購入・使用してみたのでレビューします。

1.『BEAMSトートバッグ』とは

(1) 概要

monomax202006 (17)

今回のトートバッグはブラックで統一したシックなデザインに加え、A4サイズの書類が収納できる大きめサイズなので、ビジネスシーンでも休日でもお使いいただけます。また、細部のデザインにもこだわりを詰め込みました。ブランドのネームタグには本革を使用しており、さりげない上品さを漂わせています。そして、フロントにも大きめイサイズのポケットを2つ設けました。たくさんのアイテムをスマートに収納できるBEAMSトートバッグ。

(monomax2020年6月号006頁より抜粋)

(2) 基本情報

価 格:980円

サイズ:W44 × H34 × D11.5cm

素 材:ポリエステル裏PVC貼り・ポリエステル

収 納:3か所(メイン収納 + 前面ポケット2か所)

生産国:中国

2.梱包状態

monomax202006 (14)

いつものモノマッ クスの付 録の箱に入っています。

monomax202006 (10)

コンパクトに折りたたまれており、素材は柔らかめです。

3.第一印象

monomax202006 (8)

箱から出したところです。黒で統一されており高級感があります。折り目はついていますが、柔らかいポリエステルなのですぐに戻せると思います。

サイズは想像していたよりコンパクトで普段使いに便利そうです。

monomax202006 (15)

(MonoMaxウェブ:https://monomax.jp/archives/73007/

肩にかけるのにちょうどよいサイズ感です。

4.各部の質感

monomax202006 (7)_2

ブランドネームタグとハンドルの縫い付け部の質感が非常に高いです。本革使用ということで創刊150号記念の意気込みが感じられます。

間口の部分も断ち切りではなく、しっかりと処理されています。

monomax202006 (18)

ハンドル部はペラっとした感じで所々にほつれも見られます。

monomax202006 (19)

全面に2か所あるポケットの裏地はテカテカしたポリエステル。

スポンサーリンク

monomax202006 (20)

さすがに底面に足はありませんが、しっかりと平になるように縫われています。

monomax202006 (5)

中に何も入れていない状態でも自立します。

5.収納力

(1) メイン収納

monomax202006 (4)

メイン収納にはポケットなどはありませんが、なかなかの容量です。

monomax202006 (3)

1.5lのペットボトルが3本は楽に入るので買い物用のエコバッグとしても使えそうです。

(2) 前面ポケット×2

monomax202006 (1)

前面には2か所深めのポケットがあります。スマホが横に入るくらいの幅です。

monomax202006 (16)

(MonoMaxウェブ:https://monomax.jp/archives/73007/

9.7インチのipadも収納できるようです。

6.総評

デザイン性:★★★★☆

クオリティ:★★★★☆

実 用 性:★★★★☆

お 得 感:★★★★☆

おすすめ度:★★★★☆

【デザイン性】

黒で統一されたデザインが良いです。シンプルで男女問わず普段使いにもってこいです。

【クオリティ】

ブランドネームタグ、ハンドル縫い付け部が非常にしっかりしています。これでも付録に比べても本革のブランドネームタグは1ランク上がったように思います。ハンドルがもう少ししっかりしていれば間違いなく★★★★★でした。

【実用性】

大きなメイン収納、しっかり自立するよう作られた底面、表面には撥水加工など実用性は高いです。

【お得感】

普段使いできるデザイン、高い質感からお得感は十分です。

デザインもシンプルで実用性も高く”そつなくこなす優等生”というイメージです。奇抜さや目新しさはないものの、非常によくまとまっており素晴らしい製品です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする